色のお話

お花を扱っているとたくさんの色を目にします。
パッと見てこれはピンク!黄色!などと分かるのは当然ですがお花を選ぶのに必要なのは色味というのを見極めることではないでしょうか?
同じピンクでも淡くて白を多めに混ぜた感じとかオレンジがかったピンクとか・・
ピンクの中にどんな色が隠れてるのか・・またはその色の明度や彩度を見極めると自然とどんな色の花と合わせると似合うかが分かるような気がします。
例えばレッスンのお花で・・
コチラはアドバンスコースSさんの作品
b0286862_17253569.jpg

Sさんとても素敵な色合わせをしてくださいました。
コチラのアレンジのポイントはオレンジです。
黄色と紫は反対色なので相性はとても◎
でもこのアレンジにはオレンジのカーネーションが入っています。
黄色のバラは山吹色といった感じで少しオレンジがかっています。
またスプレーマムが絶妙に赤紫っぽい色味が入っているのです。
カーネーションのオレンジもどちらかというと落ち着いた明度・彩度の低いオレンジだからちょっと落ち着いた色味の紫とも相性が良いのでしょう。
そして最後に明度・彩度の低い花ばかりだと暗い印象になってしまうところをグリーンのトルコキキョウがさわやかで明るい印象にしてくれてます。


続いてはコチラ・・アドバンスコースKさんの作品
b0286862_1758070.jpg

コチラもオレンジ&紫の花合わせ
少しダークなオレンジのガーベラと先ほどのアレンジにも使われてたカーネーションここに紫のライラックとグリーンの葉物やテマリソウと白のバラ。
最初はこれだけでしたが最後に黄色のオオニソを入れました。
黄色といってもこれまたちょっと山吹色のに近い感じなので馴染みましたね~
良いポイントになってますね(*'▽')
さらに・・ちょっと写真では分かりにくいですが花器として使った木の箱の前面が紺色なんです。
オレンジ・黄色と紫・紺色は反対色の構図なので相性ばっちりです。
そして明るさを出してくれてる白いバラですが、少し唐突で量も少ない感じがしますけど箱の前面に書かれた文字が白なのでアレンジ全体でみるといいバランスなんですね‼

こんな風に自分で花選びができるようになると本当にアレンジするのが楽しくなりますよ♪
アドバンスコースは当店でベーシックコース1年間を受講された方、もしくはアレンジメントのご経験がある方が受講可能なコースです。
[PR]
by hanaya-tsubomi | 2016-04-16 19:20 | Lesson | Comments(0)

大倉山5丁目の小さな花屋の日々のあれこれ


by hanaya-tsubomi